• 意味
  1. 開発行為が環境に与える影響の程度と範囲,その防止策,代替案の比較検討を含む総合的な事前評価並びにその再評価をいいます。  国では,すでに道路・港湾・公有水面の埋立等の公共事業の実施について,環境影響評価を行うことを定めています。県もこれに準じています。