• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

自然環境保全基礎調査(緑の国勢調査)

  1. 自然環境保全基礎調査は,全国的な観点からわが国における自然環境の現況及び改変状況を把握し,自然環境の保全の施策を推進するための基礎資料を整備するために,環境庁が1973年(昭和48年)度より自然環境保全法第4条の規定に基づき概ね5年ごとに実施している調査です。一般に「緑の国勢調査」と呼ばれ,陸域,陸水域,海域等の各々の領域について調査項目を分類し,国土全体の状況を調査しています。調査結果は報告書及び地図等にとりまとめられたうえ公表されており,これらの報告書等は,自然保護行政の他,環境アセスメント等の各方面において活用されています。