• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

K値規制

  1. 大気汚染防止法のばい煙発生施設から排出される硫黄酸化物の規制方法。  これは,大気汚染の程度によって全国を16段階の地域に分け,それぞれ係数(K値)を決め,計算式により求められた許容量を超えるばい煙の排出を制限するものです。施設が集合して設置されている地域ほど規制が厳しく,その値も小さく,  q=K×10-3×He2 となっています。  q:規制値(SO2Nm3/h) He:有効煙突高(m)