• 意味
  1. ゲンノショウコは、夏から秋に白色か紅色の花をつけます。江戸時代からの代表的な民間薬です。下痢止めとして乾燥した茎葉を煎じて飲むと、20分ぐらいで効果が現れ、「現の証拠」と名付けられたそうです。