1. 涙の出る量自体が少なくなることで、目の表面が乾いて角膜や結膜に障害が出る病気です。目が疲れる、開けにくくなる、目がゴロゴロする、充血するなどの不快な症状があらわれます。