• 意味
  1. (=無作為化割付)治療群を決定する際に作為的な考慮がなされず、治療以外の要因の影響(バイアス)を取り除き、比較性のある治療群の設定を可能とする割付方法。