1. 動脈硬化によって冠動脈が狭窄・閉塞し、該当する心筋が虚血状態に陥る疾患で、狭窄は狭心症に、閉塞は心筋梗塞に帰結します。