• 意味
  1. 被験物質(試験において安全性の評価の対象となる医薬品または化学物質、生物学的物質もしくはその製剤)を単回投与し、その毒性を質的量的に明らかにする試験。