1. 治療法の割付において、予後に影響があると予測され、治療群の割付決定に用いる項目。