1. 薬が市販された後の薬の効果や副作用についての調査で、「第4相試験」とも呼ばれます。薬が市販されると多くの人が服用するため、さまざまな条件から治験では分からなかったその薬の効果や副作用が発生する場合があり、そのため、市販された後も継続的な調査が必要です。