• 意味
  1. サルモネラ菌や大腸菌を用いる変異試験で、アミノ酸の一種であるヒスチジンを合成できない菌が物質により突然変異を起こし、合成できるようになるかを調べます。