• 意味
  1. 気体、液体または固体の急性毒性を測定する試験で、一般に初期段階で行われる。
    ①経口毒性試験、②経皮毒性試験、③吸入毒性試験がある。
    ①経口毒性試験:規定量を1回または24時間以内に数回経口投与し、少なくとも14日間観察し、発現する症状および体重や病理学的変化を指標として、被験物質の毒性の質的及び量的(致死量)など両面から解明する試験②経皮毒性試験:規定量を1回経皮投与して、少なくとも14日間観察し、発現する症状および体重や病理学的変化を指標として、被験物質の毒性の質的及び量的(致死量)など両面から解明する試験③吸入毒性試験:規定濃度を1回の短時間(24時間以下)吸入させることにより、少なくとも14日間観察し、発現する症状及び体重や病理学的変化を指標として、被験物質の毒性の質的及び量的(致死量)など両面から解明する試験