1. 心臓の筋肉(心筋)に、酸素と栄養分を送っている血管が狭くなり血液が流れにくくなったり冠動脈の狭窄により心臓の筋肉が一時的に酸欠状態に陥り胸痛を起こす病気。