• 意味
  1. 薬効評価に対する偏りの介入を避ける目的で、治験に参加する単数又は複数の当事者が、治験方法の割付について知らされないようにする措置をいう。単盲検法は通常、被験者が割付の内容を知らされないこと、二重盲検法は被験者、治験責任医師、治験分担医師、治験協力者、治験依頼者、モニター、監査担当者及び一部の事例ではデータ解析者が割付の内容を知らされないことを指す。