1. 安全性と有用性を考慮して、薬剤の効果が最も得られる用量。