1. タンパク質と脂質が結びついたもので、肝臓のコレステロールを体の隅々まで運ぶ機能を果たします。動脈硬化などをひき起こす作用が強いものがLDLです。