• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

がっしょう-れんこう【合従連衡】の意味・使い方

    • その時の利害に従って、結びついたり離れたりすること。また、その時勢を察して、巧みにはかりごとをめぐらす政策、特に外交政策のこと。もとは中国戦国時代、蘇秦そしんの合従策と張儀ちょうぎの連衡策のことをいう。▽「従」は縦たての意。「合従」は南北に連なった趙ちょうかんえんせいの六国が、縦の連合をして強国秦しんに対抗する策で、蘇秦が提唱した。「衡」は横の意。「連衡」はこの六か国が秦とおのおの横に同盟を結んで、国を維持しようとした策で、張儀の政策。「従」は「縦」とも書く。
  1. 合従連衡の出典
    • 『史記しき』孟子伝もうしでん
  2. 合従連衡の句例
    • ◎合従連衡を繰り返す派閥政治
  3. 合従連衡の用例
    • 蘇秦張儀の輩、正に四方に奔走して、あるいはその事を助け、あるいはこれを破り、合縦連衡の戦争に忙わしき世なれば、貴族といえども自みずからその身を安やすんずるを得ず。<福沢諭吉・文明論之概略>