• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

きょくがく-あせい【曲学阿世】の意味

新明解四字熟語辞典

    • 学問の真理にそむいて時代の好みにおもねり、世間に気に入られるような説を唱えること。真理を曲げて、世間や時勢に迎合する言動をすること。▽「曲学」は真理を曲げた正道によらない学問。「阿世」は世におもねる意。「阿」はへつらいおもねる意。「阿世曲学あせいきょくがく」ともいう。
  1. 曲学阿世の出典
    • 『史記しき』儒林伝じゅりんでん
  2. 曲学阿世の句例
    • ◎曲学阿世の徒
  3. 曲学阿世の用例
    • 一日に四合というのを、三合と書きかえるのは、曲学阿世の徒のすることです。<井伏鱒二・黒い雨>