• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ぎしん-あんき【疑心暗鬼】の意味・使い方

    • 疑いの心があると、なんでもないことでも怖いと思ったり、疑わしく感じることのたとえ。疑いの深さからあらぬ妄想にとらわれるたとえ。疑いの心をもっていると、いもしない暗闇くらやみの亡霊が目に浮かんでくる意から。▽「疑心」は疑う心。「暗鬼」は暗闇の中の亡霊の意。「疑心暗鬼を生ず」の略。「暗」は「闇」とも書く。
  1. 疑心暗鬼の出典
    • 『師友雑志しゆうざっし
  2. 疑心暗鬼の句例
    • ◎疑心暗鬼になる◎疑心暗鬼を生ずる
  3. 疑心暗鬼の用例
    • いや、やっぱり自分の疑心暗鬼にすぎないのだ、と、私はそうも思い直してみた。<谷崎潤一郎・鍵>
  4. 疑心暗鬼の類義語