• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ずいるい-おうどう【随類応同】の意味・使い方

    • 相手の能力や性質に応じて、それ相応に指導すること。仏が人の心や性格や素質などの種類に応じて、説法・教化を施す意。▽「随類」は種類にしたがうこと。「応同」は同じ仲間に応こたえる意。「類るいに随したがい同どうに応おうず」と訓読する。
  1. 随類応同の句例
    • ◎随類応同の方針
  2. 随類応同の類義語