• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

しゅそ-りょうたん【首鼠両端】の意味・使い方

    • ぐずぐずして、どちらか一方に決めかねているたとえ。また、形勢をうかがい、心を決めかねているたとえ。日和見ひよりみ。穴から首だけ出したねずみが外をうかがって、両側をきょろきょろ見回している意から。▽「首鼠」は「首施しゅし」に同じで、躊躇ちゅうちょするさまともいう。「両端」はふた心の意。
  1. 首鼠両端の出典
    • 『史記しき』灌夫伝かんぶでん
  2. 首鼠両端の用例
    • ……自身の名利にとらわれて首鼠両端の態度をとったりしなかったかということになると、話が別になって来る。<阿川弘之・米内光政>
  3. 首鼠両端の類義語