• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

クロスサイト・スクリプティング【cross-site scripting】

  1. Web上で使用されるCGIなどのプログラムの中にある脆弱性の1つ。悪意のあるWebサイトを閲覧すると、スクリプトを実行でき、クッキーの漏洩、ファイルの破損といった被害が発生する。対策としてはサニタイジング(入力の無害化)などが必要。