• 意味
  1. Ethernetで使用されているスイッチングハブ(レイヤ2スイッチ)を組み合わせて構築した、100km単位の大型ネットワーク。スイッチングハブはルーター(レイヤ3スイッチ)と比べて非常に安価なため、大量に使用してもコストは低くなるほか、ルーターと比べてメンテナンスの手間が少なくなる。また、多対多の接続が簡単に行えるといったメリットがある。 出典元: 株式会社インセプト、 「IT用語辞典 e-Words」より転載 http://e-words.jp/