出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. 添い寝」に同じ。

  1. 東宮・皇子などの元服の夜、公卿などの娘が選ばれて添い寝すること。また、その娘。

    1. 「この折の後見 (うしろみ) なかめるを、―にもと催させ給ひければ」〈・桐壺〉