• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

なよ‐たけ【弱竹】 の意味

  1. 《「なよだけ」とも》細くてしなやかな竹。また、女竹 (めだけ) の別名とも。なゆたけ。
    • 「―の繁れる宿にまとゐしてただ世にそへむ数は知るやは」〈宇津保・沖つ白浪〉
  1. [補説]作品名別項。→なよたけ

なよ‐たけ【弱竹】の慣用句

  1. なよたけの【弱竹の】
    • [枕]
    • なよ竹がたわむ意から、「とをよる」にかかる。
      「―とをよる児らは」〈・二一七〉
    • 竹の節(よ)の意から、「よ」にかかる。
      「―夜ながきうへに」〈古今・雑下〉
    • 竹の節(ふし)の意から、「ふし」にかかる。
      「―いたづらふしに明けぬこの夜は」〈新千載・恋三〉