出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動サ四]我慢して時を過ごす。
  • 「人の言ひ伝ふべきころほひをだに思ひのどめてこそはと―・し給ひつつ」〈・幻〉