出典:デジタル大辞泉(小学館)

平安・鎌倉時代の作り絵大和絵などで、特に貴族の男女の顔貌表現に用いられた技法。微妙な調子をつけた細い線で表した目、「く」の字形の鼻、ふっくらとした顔の輪郭などを特徴とする。源氏物語絵巻などが典型。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉