出典:デジタル大辞泉(小学館)

ひのけ。また、けむり。

「伊勢志摩の海人 (あま) の刀禰 (とね) らが焚く―」〈神楽・湯立歌〉