出典:デジタル大辞泉(小学館)

目も休めずに。目も離さずに。

「―守るしなひのひまをなみとける御法のきしもいとなし」〈散木集・六〉