れん‐だい【×蓮台】 の意味

  1. 蓮華の形に作った仏像の台座。蓮華座。転じて、阿弥陀仏の浄土に往生する者が身を托するもの。蓮華台 (れんげだい) 。

れん‐だい【×蓮台】の慣用句

  1. れんだいの【蓮台野】
    • 墓地。火葬場。地名となっている所が多い。特に、京都市北区船岡山の西麓の地が有名で、後冷泉天皇、近衛天皇の火葬塚がある。