出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動バ下一][文]かきなら・ぶ[バ下二]
  1. 二つ以上のことを並べて書く。また、次々と書いていく。「出席者名を―・べる」

  1. 見劣りしないように書く。匹敵するうまさで書く。

    1. 「かたち―・ぶる絵師に、六人の国母 (こくも) は千両のこがねをおくる」〈宇津保・内侍督〉