出典:デジタル大辞泉(小学館)

イツマデガイ科の巻き貝。水田などにみられ、貝殻は細長い円錐形で、殻高7ミリくらい。殻表は、黄褐色で光沢がある。本州・九州の一部に分布、広島県片山地方で発見された。日本住血吸虫の第1中間宿主となることが宮入慶之助によって発見されたので、宮入貝 (みやいりがい) ともいう。

[生物/動物名]カテゴリの言葉