(こ)の世(よ)なら◦ず の意味

  1. ほとんど死ぬほどである。
    • 「―◦ずわづらひけり」〈著聞集・五〉
  1. すばらしくて、とてもこの世のものとは思われないほどである。
    • 「我が為の―◦ぬ財 (たから) にこそありけれ」〈今昔・二九・三二〉