• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

チラーヂンS

どんな薬か?

 いろいろな原因から、甲状腺でのホルモン分泌が不十分になると、糖質や蛋白質(たんぱくしつ)などの代謝が円滑にいかなくなって、さまざまな症状をひきおこします。こうした状態が甲状腺機能低下症で、慢性甲状腺炎橋本病)、クレチン病先天性甲状腺機能低下症)、粘液水腫(ねんえきすいしゅ)などがあります。甲状腺機能低下症を治療するためには、不足している甲状腺ホルモンを補わなければなりません。甲状腺ホルモンを製剤化した薬が甲状腺ホルモン剤です。

 甲状腺ホルモン剤は、甲状腺機能低下症のほか、下垂体(かすいたい)性甲状腺機能低下症視床下部性甲状腺機能低下症の治療にも用いられます。甲状腺ホルモン剤は、少量から服用し始め、生涯服用し続ける必要がある薬です。

副作用

①過敏症状(発疹(ほっしん)・発熱・かゆみなどのアレルギー症状)や、狭心痛(激しい胸痛)をおこすことがあります。このような症状がおこったら服用を止め、すぐ医師に相談してください。

②動悸(どうき)、不整脈(脈の乱れ)、手の震え、不眠、頭痛、めまい、発汗、肝機能障害、黄疸、食欲不振、嘔吐、下痢、不安、月経異常、筋肉痛、だるさ、体重減少といった症状がおこることがあります。こうした症状がおこったときは、医師に相談してください。

使用上の注意

①錠剤と散剤があり、食後の服用が原則です。1日あるいは1回の服用量、服用時間については医師・薬剤師の指示を守り、かってに中止したり、減量・増量しないでください。

 また、服用するときは、十分な水(コップ1杯の水)で飲んでください。

②服用の効果がでるまでには、数日から数週間かかります。

 かってな判断で中止したり服用量を変えたりしないでください。

③服用中は、激しい運動や著しく体力を消耗する作業は避けてください。

④以前にこの薬を服用したときに過敏症状をおこしたことのある人、最近に心筋梗塞(しんきんこうそく)をおこした人には使用できません。あらかじめその旨を医師に報告してください。

⑤狭心症、時間のたった心筋梗塞、動脈硬化症、高血圧症、副腎皮質(ふくじんひしつ)機能不全、脳下垂体(のうかすいたい)機能不全、糖尿病といった病気のある人には使用量を減らすなどの配慮をしないと、病状を悪化させることもあります。このような人は、あらかじめ医師にその旨を報告するとともに、服用の指示を正しく守ってください。

⑥高齢者が服用する必要のある場合には、まず少量から服用し始め、通常よりも長期間かけて増量し、日常的に服用する薬の量も最小必要量にとどめる必要があります。

 服用の指示をより厳重に守ってください。

⑦この薬と、ワルファリンカリウム製剤などの抗凝血剤とを併用すると、出血しやすくなります。

 また、薬によっては、血糖降下剤と併用すると、血糖降下剤の効果を低下させたり、エフェドリン、メチルエフェドリンなどの気管支拡張剤・鎮咳剤(ちんがいざい)と併用すると、気管支拡張剤・鎮咳剤の作用を増強することがあるので、これらの薬を服用している人は、あらかじめ医師に報告してください。

同じ分類の薬一覧

製薬会社名 あすか製薬
剤形 錠剤
薬の色 淡赤、白、黄
包装材料の記号 TZ 214 0.025、TZ 224 0.05、TZ 234 0.1
薬剤本体の記号 TZ 214 25、TZ 224 50、TZ 234 100
分類 ホルモン剤 > 甲状腺ホルモン剤 > レボチロキシンナトリウム製剤
主な効果・効能 クレチン病、甲状腺腫、甲状腺機能低下症