• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ロペミン

どんな薬か?

 下痢をおこす作用のあるアセチルコリンやプロスタグランジンといった物質の生成を抑えたり、腸粘膜の過剰な運動を抑えるといったはたらきをもつ薬で、強力な下痢止めの効果があります。どのような原因の下痢にも有効ですが、長期間使用し続けると便秘になることがあるので、医師の指示を守ってください。

副作用

①ときに、過敏症状(発疹(ほっしん)やかゆみなどのアレルギー症状)、アナフィラキシー様症状をおこすことがあります。このような症状がおこったときは服用を中止し、すぐ医師に相談してください。

②ときに腹部の膨満感、吐き気、腹痛、のどの渇き、めまい、皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死(えし)症、頭痛、尿閉、散瞳などをおこすことがあります。こうした症状がおこったときは、医師に相談してください。

使用上の注意

①いろいろな剤型があり、1日1~2回、食後の服用が原則です。ただし、1日あるいは1回の服用量・服用時間・服用期間については、医師の指示を守ってください。服用にあたっては十分な水といっしょに飲んでください。

②下痢の治療には、消化のよい食事、安静、保温などが重要で、これを守らないかぎり、薬を服用しても無意味です。薬だけに頼らず、日常生活での節制もこころがけてください。

③ほかの病気の治療で薬を服用している人は、あらかじめその旨を医師に報告し、服用時間などについて相談してください。

④細菌性の下痢の人、出血性大腸炎の人、抗生物質の服用からおこった偽膜性大腸炎(ぎまくせいだいちょうえん)の人には、病状を悪化させることがあるので、この薬は使用できません。あらかじめ医師に報告してください。

⑤過去にこの薬で過敏症状をおこしたことのある人、潰瘍性(かいようせい)大腸炎、重症の肝臓障害のある人には、この薬は使用しないか、使用する場合にも服用量に配慮が必要となるので、あらかじめ医師にその旨を報告してください。

⑥胎児や乳児に悪影響を及ぼすことがあるので、妊婦あるいは現在妊娠する可能性のある人、母乳で授乳している人には、原則としてこの薬を使用しません。

 このような人は、あらかじめ医師に報告してください。

⑦ねむけ、めまいがおこることがあるので、自動車の運転や危険な作業は避けてください。

製薬会社名 ヤンセンファーマ
剤形 カプセル
薬の色 白・白
包装材料の記号 -912 1mg 1mg
薬剤本体の記号 -912/-912
分類 消化器系の薬 > 整腸剤・止痢剤 > 塩酸ロペラミド製剤
主な効果・効能 下痢症