• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ジクロフェナクNa

どんな薬か?

 熱を下げる効果、痛みを鎮める効果、炎症を抑える効果がともに強力な薬です。代表的なジクロフェナクナトリウム製剤は、インドメタシンと並んで炎症を抑える効果、リウマチの症状を抑える作用が強力な薬で、歯痛の鎮静にも使います。

 胃腸での薬の吸収がすみやかで効果が速く現れ、排泄(はいせつ)も速いため、体内に薬が蓄積しません。ただし、副作用で胃腸障害がおこることがあります。

 関節リウマチ変形性関節症腰痛症急性上気道炎後陣痛前眼部炎症手術後の疼痛(とうつう)などの治療に使います。

副作用

 過敏症状(発疹(ほっしん)やかゆみなどのアレルギー症状)、食欲不振、吐き気・嘔吐(おうと)、胃痛、下痢、まれにショック、胃潰瘍(いかいよう)・胃からの出血、黄疸(おうだん)、頭痛、ねむけ、貧血、心筋梗塞、脳血管障害、重い肝障害などが現れることがあります。こうした症状が現れたときは、必ず医師に相談してください。

 ジクロフェナクナトリウム製剤の坐剤で、幼小児や高齢者、消耗性疾患の人は、過度の体温下降・血圧低下によるショック症状、横紋筋融解症(筋肉痛、脱力感など)、急性脳症が現れることがあります。

使用上の注意

①いろいろな剤型があります。症状や病状によって1日の回数、1回の使用量が決められます。ふつうは、胃腸障害などの副作用を防止するために、食直後に服用します。ただし、胃腸のじょうぶな人は、食前や空腹時に使用するよう指示されることがあります。また、持続性製剤は1日1回、夕食後に服用するのが原則です。

 かってな判断で中止したり、減量・増量したりせず、医師からこの薬を使用する目的をよく聞き、医師・薬剤師の指示通り正しく服用してください。

②胃腸の病気、血液の病気、肝臓・腎臓(じんぞう)の病気や機能障害、潰瘍性大腸炎やクローン病、心臓病などの病気がある人、過去にこれらの病気にかかったことのある人、本人または家族にアレルギーなどがある場合は、あらかじめ医師に報告してください。この薬を使えないこともあります。

 また、インフルエンザ脳炎・脳症の人には使用できません。

③妊婦または現在妊娠する可能性のある人、母乳で授乳中の人は、必ず医師に報告してください。

④小児や高齢者は、この薬を使えないことがあります。また、使用する場合は医師の指示をより厳重に守ってください。

⑤この薬を長期間使用するときは、定期的に検査を受けてください。とくに、肝臓・腎臓の病気がある人、体調が不調だったり倦怠感(けんたいかん)があるときは医師に伝え、検査を受けるようにしてください。

⑥この薬を使用中にアルコール飲料をとると、副作用が強く出ます。服用中は禁酒を守ってください。

⑦薬によっては、抗凝血剤糖尿病治療剤抗てんかん剤インドメタシン系抗炎症剤トリアムテレン製剤などを併用すると、併用した薬の効果が過剰に現れたり、副作用がおこりやすくなったりすることがあります。現在使用中の薬があったり、ほかの薬を使用するときは、前もって医師に報告・相談してください。

製薬会社名 三友製薬、東光薬品工業、日本臓器製薬、ラクール薬品販売
剤形 -
薬の色 -
包装材料の記号 -
薬剤本体の記号 -
分類 抗炎症剤 > 非ステロイド抗炎症剤 > ジクロフェナク系製剤(フェニル酢酸系製剤) > ジクロフェナクナトリウム製剤
主な効果・効能 -