• 意味
  1. activity
  2. 資源を個々の製品やサービスに割り振るときに、結びつける活動。
  3. ABC(活動基準原価計算)は、どの製品やサービスのために発生したのかがわかりにくい間接費を、それぞれの製品やサービスのコストとしてできるだけ正確に配賦することによって、生産や販売活動などのコストを正確に把握していこうという考え方である。このABCの基本となるのが、アクティビティである。 工場の間接人件費なら、「段取り」「移動」「品質管理」などのアクティビティにいったん配賦して集計した上で、例えば「段取り」のコストであれば、「段取り回数」で配賦するなど、できるだけ実態に近いコストを把握するために基準を設けて配賦する。