• 意味
  1. emotional leadership
  2. 「リーダー自身の感情の認識とコントロール」という、内面的な行動特性に注目した行動モデル。ダニエル・ゴールマンによって提唱された。
  3. エモーショナル・リーダーシップでは、外面行動に着目した「社会制御」行動と、内面行動に着目した「自己制御」行動の2点からリーダーシップを定義している。 社会制御行動は、自己と外部社会との関係を観察する「社会認識行動」と、それをコントロールする「関係管理行動」から構成される。 これに対して自己制御行動は、自己の感情、思考、意欲などを観察する「自己認識行動」と、それをコントロールする「自己管理行動」から構成される。 なお、競争行動と影響行動のジレンマを解決するためには、リーダーが直面している環境と、リーダー自身の感情や行動とのギャップを把握し、部下や市場・競争の環境が求めている感情と行動を自ら選択することが必要である。これにより、外部向けの生存競争力の優位性を実現する「競争行動」と内部向けの組織影響力の優位性を実現する「影響行動」という、相反する行動のコントロールが可能になる。
  4. 「またエモーショナル・リーダーシップは、エモーショナル・リーダーシップ行動モデルとも言う」