• 意味
  1. cash flow statement
  2. 会社の活動を営業活動、投資活動、財務活動の3つに分け、それぞれについて各期の現金の増減に対する影響を整理して表示したもの。
  3. 損益計算書(P/L)は、実際の現金の動き(現金主義)ではなく、商品や製品が販売された、あるいは費用が発生したというように、実態に基づく発生主義/実現主義で会社の事業活動を表そうとしているため、必ずしも利益(損失)と現金の増減が一致しない。しかし、企業活動を安定的に続けていくためには、事業活動と現金収支の関係を明確にし、現金の増減の状況を把握しておく必要がある。そこで、キャシュフロー計算書の作成が義務づけられている。 営業活動によるキャッシュフローとは、本業の営業でキャッシュ(現金)をいくら稼いだかを示すもので、最も重視されるキャッシュフローである。 また、投資活動によるキャッシュフローは、設備投資に伴う固定資産の取得・売却、あるいは株式などの有価証券の売買などによるキャッシュフロー、財務活動によるキャッシュフローは、銀行からの借入れによる現金増(借入金返済による現金減)、増資による資金調達などによるキャッシュフローである。これらは、いずれも本業の営業活動を支援する活動から生まれるキャッシュフローである。