• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

クリエイティブ戦略

ブックマークへ登録
  1. creative strategy
  2. 企業がその広告戦略において、市場に伝えるべき企業や製品の属性を選び出し、メッセージを明確に伝えるための広告表現に落とし込むこと。
  3. 広告戦略は、大きくクリエイティブ戦略とメディア戦略に分けられる。一言で言えば、クリエイティブ戦略は「伝えるべきメッセージづくり」であり、メディア戦略は、「伝える場の確保」である。 テレビCMであれば15秒もしくは30秒、雑誌広告なら特定のスペース内というように、広告を載せるメディアには時間的・空間的な制約があり、すべての製品属性を伝えることはできない。あれもこれもと欲張った結果、顧客の頭の中に何も残らなければ、多大な損失を招いてしまう。15秒で伝わるキーメッセージはせいぜい2つまで、と言われるように、効果的なコミュニケーションを行うためには少数の属性に絞り込んだほうがよい。 絞り込んだ製品の属性をそのままストレートに伝達するだけでは、受け手に興味を持ってもらえる広告表現とはならない場合が多い。人が1日に接触する広告の数は非常に多いので、たとえその広告に接触しても、意識して読んだり見たりしてくれる保証はない。従って、受け手が興味を持つような、伝わるメッセージに「翻訳」する必要がある。テレビCMなどで、楽しい、美しいといった視聴者の感性を刺激するものが多いのはそのためだ。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。