1. cost center
  2. コスト(費用)だけが集計され、収益は集計されない部門。
  3. コスト・センターでは収益が集計されないため、会社全体の損益の面からは同じ効果をできるだけ少ないコストで上げていくことが目標となる。 例えば、工場をコスト・センターとしてしまうとコストダウンが至上命令になり、生産工程を単純化することが目標となる。その結果、柔軟な生産体制が要求されるような複雑な注文を受け付けなくなる傾向が出てくる。つまり、コストダウンしやすい標準的な製品の生産には積極的になるが、コストがかさむ特注品については、いくら高い利益が得られる製品であっても生産に消極的になる可能性がでてくる。