• 意味
  1. context、content
  2. コミュニケーションの拠り所。コンテクストとは「状況や関係」のことであり、コンテントとは「言葉、数字など耳から聞こえる、目で見える情報」を指す。
  3. 「暗黙の了解、一を聞いて十を知る」という前提が成り立つ日本人のコミュニケーションスタイルは、ハイコンテクストのものである。それと対照的に、欧米諸国の多くはハイコンテントなコミュニケーションで、実際に言った言葉に比重が置かれる。 グローバル・ビジネスの様々な局面で、日本人マネジャーのマネジメント能力が問われている。この原因の1つが、コンテクストに依存した日本人のコミュニケーションスタイルにあるという。多様性が高いグローバル組織の環境では、コンテクストに依存したスタイルよりも、コンテントが明確なコミュニケーションが求められるからである。グローバルな環境で日本人マネジャーがしなければならないのは、コンテクストフリー(関係や状況に左右されない)の状況で発揮できる能力を身につけることである。 具体的には、明確な言葉、明確なロジック、明確な思考の枠組みというコンテンツで意思疎通を行えるスキルを習得することである。