• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

コンプライアンス

  1. compliance
  2. 事業活動において法律を遵守すること、広くは倫理や道徳などの社会的規範を守って行動すること。一般には、法令遵守と訳される。
  3. 企業不祥事が企業に与えるダメージは、事態収束のために要する直接コストのみならず、信用失墜、ブランド・イメージ低下、社会的制裁など極めて大きい。企業不祥事が発生しないようにコンプライアンスを重視することは、経営の最重要課題の1つとなっている。 コンプライアンスは、欧米の企業では以前から普及している概念だが、日本でも、後を絶たない企業不祥事を背景に重視されるようになった。 活動としては、事業に関わるコンプライアンス課題の把握、課題解決のための体制・ルール作りと実行、そして実行の結果に対する評価・改善といった一連のマネジメントサイクルをまわし続けることである。 具体的には、行動基準の制定、社員全員への教育・周知徹底、定期的なチェック、コンプライアンス重視の企業文化の醸成、内部通報制度の構築などが挙げられる。
  4. 「またコンプライアンスは、法令遵守とも言う」