1. cycle time
  2. 1つの作業が完了してから、次の作業が完了するまでの時間。オペレーション設計時や、オペレーションがうまく機能していないと感じた時に調べる事項の1つ。
  3. 図示【要・合い番】では、A工程のサイクルタイムが4分、B工程のサイクルタイムが2分となっており、4分ごとにAの完成品がBに送り込まれている。Bで働く従業員たちは、自分たちの作業を2分で済ませられるが、結局はAの作業ペースに律される。つまり、Bの従業員はAから完成品が送られてくるまで待たなければならず、無駄な時間を過ごすことになるのだ。この時、AとB全体工程でのサイクルタイムは4分になる。 この問題を解決するために、Aのキャパシティ(一定時間における生産能力)を倍にすることを考えてみる。図示【要・合い番】では、2分ごとに完成品をBに送り出すことが可能となり、全体工程のサイクルタイムも2分となる。