• 意味
  1. switching cost
  2. 顧客が、現在利用している製品・サービスから別会社の製品・サービスに乗り換える際に負担しなければならないコスト。「金銭的コスト」「心理的コスト」「手間コスト」などが組み合わさっている。
  3. 例えば、顧客が現在使用しているソフトウェアについて買い替えを検討する場合、どのような問題に直面するかを具体的に考えてみよう。 ・金銭的コスト=買い替えの費用 ・手間コスト=操作の違いに慣れるために費やさなければならない時間と労力 ・心理的コスト=新しいソフトの使い方を1から学び直さないといけないというプレッシャー つまり、今まで活用していたソフトが、全く使えなくなるとスイッチング・コストが高くなり、逆に活用できればスイッチング・コストは低くなる、といったことが言える。 一般に、顧客は利益やメリットとスイッチング・コストの力学で購買を判断する(下図を参照)ため、ある製品やサービスについて買い替えや乗り換えの提案をする場合には、スイッチング・コストを低くすることが購買動機を高める有効な施策となり得る。