1. zero sum negotiation
  2. 両者のうち、いずれかが支配的な結果となる交渉。
  3. 対立する両者の目指す対象(パイ)が、固定あるいは限定しているという認識(ゼロサム認識)に基づく対立では、双方いずれかがのアイデアや方針を実現しようとすれば、他方は妥協するか消滅するしかない。実行策は強制になる場合が多く、ゼロサム認識に基づく交渉は、両者の奪い合いが前提となる。 現実のビジネスにおいては、「ゼロサム交渉」が安定的な合意に至ることはありえないため、交渉としても結実しないことが多い。