• 意味
  1. transnational company
  2. 世界を1つの市場とみなし、国境を越えて事業活動を行う(グローバル経営を行う)企業のこと。 超国籍企業。
  3. 経営学者の間でも、グローバル・カンパニーの定義や解釈をめぐっては意見が分かれている。トランスナショナル・カンパニーというグローバル企業のモデルを提唱したクリストファー・バートレットとスマントラ・ゴシャールによると、次の3つの要件を満たしている企業がグローバル・カンパニーだという。 ①地球規模での経営効率、競争優位性の追求 通信、交通手段の発達によって、製品を地球規模の市場に出しやすくなってきた。また、国境を越えて経営資源を獲得することも容易になってきている。これらを利用して、地球規模でスケールメリットを生かし、経営効率を高める。 ②現地対応の柔軟性 地球が狭くなったとはいうものの、各国固有の文化差、制度の違いは無視できない。現地市場、現地組織に合わせて柔軟に対応する。 ③本社、現地の隔てない知の共有と組織学習 経営資源を有効に活用するために、世界に広がった部門間、事業間においても知を共有し、組織で学習を行う。
  4. 「またトランスナショナル・カンパニーは、無国籍経営企業,超国籍企業とも言う」