1. power source
  2. 人や組織の行動に影響を与える力であるパワーを有効に活用するためには、パワーを構成する源泉を理解する必要がある。アメリカの社会心理学者のジョン・フレンチとバートラム・ラーベンによると、パワーは「強制力」「報酬力」「正当権力」「専門力」「同一視力」の5つで構成される。 影響力を行使する側が、多様なパワーの源泉を持っていると、より効果的に人の行動に影響を与えることができる。戦略目標の実現には、必ずしも一人ですべてのパワーの源泉を兼ね備えている必要はなく、さまざまなパワーの源泉を持つ人が複数集まり、相互補完すれば良い