• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

パーセプション・マップ

  1. perceptual mapping
  2. あるブランドや製品に対して、顧客が認識するイメージを2軸で表したもの。知覚マッピング。
  3. マーケティング戦略を立案する際、ターゲットであるセグメントに対して、競合と自社の違いを認識させるため、各企業は製品やブランドのポジショニングを決定し、マーケティングミックスを駆使して、そのポジショニングを体現する。 しかし環境の変化などにより、企業の意図とは異なる軸で、顧客は商品やブランドを認知することがある。その結果、ポジショニング・マップとパーセプション・マップが異なり、商品やブランドが支持されなくなってしまう。 このような認識の差を埋めるべく、マーケティング戦略を立案する際は、顧客の認識を示すパーセプション・マップを作る。それが現行のマーケティング戦略が示すポジショニング・マップと整合しているかをチェックし、もしずれているならば、ポジショニングもしくはターゲット自体を修正する必要がある。