• 意味
  1. marketing process
  2. マーケティング戦略の立案から実行にいたるまでの流れ。
  3. 大別すると6つの流れに分けられる。 ①マーケティング環境分析と市場機会の発見 自社の強み・弱みを把握した上で、強みを生かせそうな市場を発見し、目的を定める。 ②セグメンテーション(市場細分化) その市場におけるニーズを考え、ニーズの塊ごとに分類する。 ③ターゲティング(市場の絞り込み) ニーズの塊に対して、自社の強みが伝わりそうなセグメントを選択する。 ④ポジショニング セグメントの顧客に、自社製品を特別の価値があるモノであると認識してもらうために提供価値を定義する。 ⑤マーケティング・ミックス(4P) 定義した価値がターゲットに伝わるように、マーケティングの施策を考える。4Pとは、Product(製品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(コミュニケーション)の頭文字を取ったもので、その組み合わせ(ミックス)を考える。 ⑥マーケティング戦略の実行と評価 当初設定した目的に対して、マーケティング戦略がどれくらい実行できたかを検証する。 これらの活動プロセスを効果的に進めるためには、マーケティングを単なる販売促進、営業促進と位置づけるのではなく、製品コンセプトから製造、販売、アフターサービスに至るまで、顧客との接点をコントロールする機能として位置づけることが必要である。